初心者向けポケモン辞書

友人が金銀以来超久しぶりにポケモンに復帰する、と言ってくれました。
ええことやええことや、色々教えるし一緒にやろうぜ、と思っていて、不足知識を補うためのサイトを色々探しているところなのですが、
ふと対人要素のあるシリーズ物のゲームを途中参加するのって難しいよな、と思いました。

何が難しいって、皆が当たり前みたいに用語使うんです。

僕はスマブラは3DS版で初めてまともにプレイしたのですが、攻略サイトなどには当たり前みたいに「ステップ」「ニュートラル」「ガード」などの用語があり、友人も当たり前みたいにこれら用語をつかいます。
が、実はこれはゲーム上では知ることの出来ない(知ることが困難な)用語なんです。

ポケモンでもそうです。
ストーリーをクリアして、さあ対人戦だ、強いポケモン育てたいけどどうするんだろう?と思って軽く調べると、突然ゲーム内では聞いたことのない「厳選」「努力値」「夢特性」とか出てくるわけです。
やってらんねえよな、ほんとにな。
自分が何を知らないのかもわからねえ。

なので、思いつくまま、自分が使っている用語を書き連ねていこうと思います。
とりあえず概略が分かる感じの辞書的なものになればと思っています。わからないこと、追加して欲しい・したほうがよい用語などがあったらじゃんじゃか文句つけて下さい。

※※※※
ページ内の欲しい用語を探すときはCtrlキーとFキーを同時に押すとページ内を検索をすることが出来ます。
「初心者が育成記事を読み解くために必要な用語」であり、ポケモン界の全ての用語を網羅したものではありません。
このページには概略だけを掲載します。より詳細なことはその用語で検索してみよう。
※※※※

続きを読む

トロッコ回路のバニラ自動ポーション醸造台

お久しぶりです。半年振りくらいでしょうか。

最近ようやくMinecraft1.10を触りました。実はずっと1.8時台に居残りしていました。1.9を飛び級して1.10に来ました。
鉄トラップの挙動がおかしかったためバージョン上げられなかったんですよね。ようやく直すことができました。


さて、みなさんポーション醸造はどうしていますでしょうか。僕は今まで全手動でやっていました。
あ、いえ最近はホッパーでのアイテム投入を覚えてもうちょっと楽してますが……まあそれはいいんです。
その都度Wikiでポーションレシピ調べて、横にごったに置いてるアイテムから材料探して、手動投入で作成してました。

世の中には自動醸造台動画がたくさんあるのですが、
僕はレッドストーン回路というのがどうにもよく分からず、複雑な回路を作るのが苦手です。
細かい作り方まで見せているサイトや動画を見てまるパクしても、ちょっとした仕様変更で根底から使えなくなったり、「ここを直せばいいよー」って言われてもよく分からなくて直せなかったり、そしてそもそも複雑過ぎて真似できなかったり

なんかこう、あんまり回路とか使わなくていい醸造台ないの?(無茶振り)

こう、ボタン押したら欲しいアイテムが順番に出てきてくれればそれでいいんだよなぁ。アイテムは揃ってる前提で、完全自動とか、スプラッシュ化を選択とかは出来なくても良いと思うんだよね。


でですね。


思いついたんですよ。



いやいやいやいや、こんなの絶対誰か考えてて動画なりブログなり上がってるだろって思ったんですが、ちょっと調べた感じ見つけられなくて……。
まあ相変わらず日本語情報しか確認してないですが。
せっかくなので公開してみようと思います。

構想

ディテクターレールからのレッドストーン信号を使用した自動醸造設備。

  • アイテムは山程使える前提。
    • 醸造材料はもちろん、鉄が沢山と金がある程度余裕を持って使えること。
  • 使うポーションだけ作れる。スプラッシュの切り替えなどは行わない。
    • スプラッシュポーションはスプラッシュでしか使わないし、強化用ポーションは常識的に考えて最大延長しか使わない。
  • バニラ環境で使え、仕様変更の影響をなるべく受けないものを作る
    • 多分バージョン1.5以上、ホッパーがあれば作れる。仕様変更も、このレベルのものなら起こらないと思いたい。
続きを読む

生チョコを作ろう

こんにちは、あけましておめでとうございます(季節外れにもほどがある)
みずきです。

突然ですが友人よりこんな無茶ぶりをいただきました。

「バレンタインにぱぱっと作れて見栄えがして手作りチョコすごい!って思ってもらえるチョコレシピを教えて下さい」




おまえ今が何日かわかってるか?
バレンタイン明日やぞ!?


って気分になりましたが、教えて差し上げました。

「せっかくだしバレンタインチョコは手作りしたい!けど板チョコを溶かして固めただけなのになぜかうまくいかない……」
「ちょっとすごいって思って欲しいけど料理スキルと調理具がない」


そんな貴方にオススメのチョコレートレシピです。

続きを読む

シングルとマルチでセーブデータを共有したい

ほんの数週間前までの音ゲー熱がウソのように冷め、最近はずっとマイクラをやっております。みずきです。

よく友人とバニラだったりModパックだったりで一緒にマルチプレイするのですが、時々
シングルとマルチでセーブデータを共有したいなぁ
と思います。

一緒にやる時だけサーバー立ててたいですよね。
マルチだとやっぱり若干ラグくなりますし、今自分しかいないならわざわざサーバーにする必要はないと思うのです。

思ってる人は多いようで、知恵袋やWikiの質問コーナーなどに同様の質問が散見されます。

結局は「ワールドデータをコピーすればいい」という話になるようです。(日本語の情報しか探してませんが)

設定しているファイルをワンタッチでコピーしてくれるファイル管理ソフトの紹介とか、色々あったんですが、

なんかもっとないの?
もっとこう、根本的に楽な方法、ないの??

という気持ちが募ってしまい、色々やってみました。


結論から申しますと、できました。


この方法でデータ破損などが発生しても責任は負いかねます。自己責任でお願いします。

続きを読む

LIVE Groove Vocal Burst ってどう略せばいいんだろう

イベント終わってないけどこんにちは。
知人とちょこっとデレステの現在やっているイベント、LIVE Groove Vocal Burstの話になり、ポイントと経験値効率合わせるとどこを回すのがいいんだろうという話になったためちょっと計算してみました。

なお、机上計算ですので、小数点とか端数とか気にしない感じで行きます。

計算数値、単位

本来は少しづつ上がっていくのですが、計算が面倒になるので、
Lvupに必要な経験値は2000
最大スタミナは70

で計算します。
75ランク前後だとそんなもんだと思います。

総イベント時間は198時間、
総自然回復スタミナは2376
です。

獲得経験値はだいたい平均くらいの数値を使います。

単位は
経験値=K
スタミナ=S
ポイント=P

で表記します。

常に最高のポイントが取れる

ハコユレは24Lvオーバー、アンコール曲はスコアSが取れることを前提に計算します。
ハコユレ24Lv未満って多分何回か死んでると思うし、そんななるくらいならランク下げたほうがいい気がします。

DEBUT

獲得ポイント 160P/20S ≒ 8P/S
獲得経験値 115K/20S ≒ 5.77K/S

経験値計算:
5.77 * 2376 = 13709K
 レベルアップ6回 + 1709K
 5.77 * 420 +1709 = 4132K
  レベルアップ2回 + 132K
  5.77 * 140 + 132 = 939K

合計レベルアップ8回
レベルアップを含む総スタミナ2936S

総獲得ポイント:2936 * 8 = 23488P

続きを読む

NationBlueのMasterが苦手すぎてどうしようもない

最近音ゲーばっかりやってます、みずきです。

デレステ第三回イベントお疲れ様でした。
ところでイベント複数種類あるので、イベント内容によって呼び分けしたいです。
第一回、第三回は僕は心のなかで「マカロン」って呼んでます。言わずもがな、スクフェスのアレです。

楓さんと飲みに行き隊としては、今回のイベントは2枚取りせんとなぁと思い、気持ち速く走りました。
ただ今回のNaitonBlueがほんっっっっっっとうに苦手で、Masterのクリア率は散々なもの(ネイローズもったいないから石割りましたよ、ええ。)
どうしようもなくて、かなり効率は落ちますが結局Proで回しました。

相当数石を割りましたが、4万位ちょっとのところに入賞することができました。

前回の記事ではひたすらポイント効率だけを見て計算したので、今回の僕くらいの効率だと石割なしでどれくらいPt行くのかなーと思いちょっと計算してみました。

続きを読む

アタシポンコツアンドロイドSR獲得に石割は必要ないお話

半年ぶりのブログ更新。
デレステ始めました。みずきです。
ところで「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」で「デレステ」って、もはやどこをどう略したのかさっぱりですよね。

さて、初回イベントアタシポンコツアンドロイド、あまり無事ではありませんが終了しましたね。
アクティブユーザー80万人に対し、入賞特典の菜々ちゃんが10万位からって・・・
僕はめでたく75000位程度で入賞できましたが、惜しくも逃した方は多いのではないでしょうか。

次回から枠の拡張などがあるかもしれませんが、今回の速度でいくとどれくらいイベントを走らなきゃいけなかったのか、ちょっと考えてみました。

続きを読む